• [article] 芸術新潮、GINZA、FIGARO、artscape、ROADSIDERS’ weekly

    「ヨコハマトリエンナーレ」と「札幌国際芸術祭」、そして「Festival / Tokyo 2014」の関連記事が掲載されました。
    現役高校生の新聞投稿記事から憧れの都築響一さんのメルマガまで、それぞれの視点で取り上げてくださいました。

    ◉新聞・雑誌
    太田茅乃「楽しく見たサーカスの地中」、『北海道新聞』10月16日夕刊
    林央子「G’s ART: 見えないものに気づかせる、毛利悠子のまなざし」、『GINZA』第18巻第11号(11月号)、マガジンハウス
    白神ももこ、宮内康乃、小沼純一「Festival/Tokyo2014」、『intoxicate』第112号、2014年10月、タワーレコード
    住吉智恵「身体に響く現代アート、7つのカタチ。」、『FIGARO Japon』第25巻第11号通巻461号(11月号)、阪急コミュニケーションズ
    塚田ありな「アートの視線」、『BIRD』第7号、2014年9月、講談社
    岡村恵子「DIY精神の育まれる場所」、『美術手帖』第66巻第1012号(10月号)、2014年9月、美術出版社
    「制御不能な要素に着目」(インタビュー)、『神奈川新聞』2014年9月15日ほか(共同通信配信記事)
    森村泰昌「ヨコハマトリエンナーレ奮戦記」、『芸術新潮』第65巻第9号(9月号)、新潮社

    ◉ウェブ・メルマガ
    工藤健志「学芸員レポート」、『artscape』2014年10月1日、http://artscape.jp/report/curator/10103313_1634.html
    岡田智博「大都市に潜む自然があふれる札幌国際芸術祭」、『SankeiBiz』2014年9月8日、http://www.sankeibiz.jp/express/news/140908/exg1409081205002-n1.htm
    都築響一「コンセプトの海の彼方に――大竹伸朗と歩いたヨコハマトリエンナーレ」、『ROADSIDERS’ weekly』第130号(メールマガジン)、2014年9月3日
    岡田智博「「都市がメディアとなって表現する」芸術の祭典 札幌国際芸術祭」、『週アスplus』2014年8月26日、http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/250/250149/