感覚の観測──《I/O─ある作曲家の部屋》の場合

アサヒ・アートスクエア、東京

2015年10月15日–25日

毛利のインスタレーションには、展示環境に寄り添いながら設置するという特徴があり、彼女はそれを「生態系」という言葉で説明している。実際、機械じかけのオブジェたちは、それぞれの展示条件を受け入れることで独自の生態系を育み、それぞれの展覧会場でまったく違った相貌を見せてきた。このプロジェクトは、この美術家の空間把握を実測し、数値化する試み。
「ヨコハマトリエンナーレ2014」に展示された作品《I/O ─ ある作曲家の部屋》を例に、作品を設置するためのインストラクション、再構成されたインスタレーションの空間測定をすべて一般公開。また、プロジェクト期間中に展示壁の構成や照明などの諸条件を変更することで、展示環境の変化にともない作家がいかにインスタレーションを変化させていくか、そのプロセスをも計測した。
サイトスペシフィック・アートの収蔵の問題や、美術作品の未来を見据えたプロジェクト。

会期中には金氏徹平氏(美術家)と木村絵理子氏(横浜美術館)、千葉正也氏(美術家)と藪前知子氏(東京都現代美術館)とのトークがそれぞれ催された。

助成=アーツカウンシル東京 東京芸術文化創造発信助成、現代芸術振興財団 現代芸術振興助成

photo: Hideto Maezawa

photo: Hideto Maezawa

photo: Hideto Maezawa

photo: Hideto Maezawa

photo: Hideto Maezawa

感覚の観測──《I/O─ある作曲家の部屋》の場合